ごめん、愛してる韓国あらすじをネタバレ!全話無料視聴も

ごめん、愛してる韓国あらすじをネタバレ!全話無料視聴も
Pocket

この記事では韓国版『ごめん、愛してる』のあらすじや、その結末のネタバレをキャストや番組感想などと共にお届け致します!

 

記事後半では『ごめん、愛してる』の本編日本語字幕動画を無料視聴する方法についてもご紹介します!

 

『ごめん、愛してる』といえば、ソ・ジソブが主演した2004年の韓国ドラマで、彼が扮するとにかく憐れな主人公が視聴者の共感を呼びました。

 

涙腺を刺激してくる感動的なストーリーには『傑作』との評価があり、トルコや日本など、色々な国で放送され、またリメイクされてもいます。

 

では、そんな『ごめん、愛してる』はどういう物語なのでしょうか?

 

あらすじを追っていきましょう!

 

ネタバレを多分に含みますから、未視聴の方はご注意ください!

 

韓国原作の動画を日本語字幕で無料視聴したい方はお見逃しなく!

【ごめん、愛してる】あらすじ

 

ストリートチルドレンの主人公

チャ・ムヒョク(演:ソ・ジソブ)は、幼少期に韓国からオーストラリアへ養子に出されました。

 

しかし、異国での生活、ことに養父母の家に馴染めなかった彼は家を抜け出し、ストリート・チルドレンとして生きていくことになります。

 

生活は貧しく、その日の生活にも困るムヒョクは野生児同然となってしまいます
ムヒョクの心の中には常に本当の母親の姿がちらついていましたが、それでも彼は生きるため、詐欺まがいの行いや、時に暴力によって身を立て、何とか大人になります。

 

荒んだムヒョクの側には、しかしいつしか恋人のジヨン(演:チェ・ヨジン)が連れ添っていました。

 

ジヨンもまた韓国からオーストラリアへ養子に出された少女で、ムヒョクと概ね同じ境遇の女性でした。

 

彼らは十七歳で知り合い、七年に渡って激しく愛し合っていました。

 

お互いにとって、お互いだけが支えでした。

 

ジヨンの裏切り

 

しかし、ふたりの関係はある日がらりと変わってしまいます。

 

ジヨンは、ムヒョクの知らないところで知り合ったマフィアといつしか婚約しており、彼のもとを去ってしまいました。

 

失意に暮れるムヒョクは、ただでさえ穏やかでない気性をより荒くして、いつもの『仕事』に精を出します。

オーストラリアへやってきたスターたち

 

チェ・ユン(演:チョン・ギンホ)とカン・ミンジュ(演:ソ・ジヨン)のふたりは、韓国が誇るトップスターでした。

 

ふたりは海外ドラマのロケのため、メルボルンを訪れています。

 

ミンジュの幼馴染にして彼女のスタイリストであるソン・ウンチェ(演:イム・スジョン)は、ユンを強く想っていました。

 

ところがそのユンはミンジュ、自分の大切な友人を好いており、ウンチェは悶々とした気持ちで日々を生きています。

 

ミンジュはミンジュでプレイガールですから、ともするとユンと関係を持つかもしれません。

 

それが我慢ならないウンチェは、撮影最終日の夜、気持ちを制御できずホテルを飛び出してしまいます。

 

ウンチェとムヒョクの出会い

 

不用心なウンチェは、たちまち旅行者狙いの強盗に身包みを剥がされてしまいます。

 

ウンチェは露頭に迷い、メルボルンの町を宛もなく歩き回ります。

 

それに目をつけたのがムヒョクでした。

 

鴨だ、と踏んだムヒョクは困り顔のウンチェに優しく接し、彼女の信頼を得ると泥酔させます。

 

そうしてその彼女をストップに売り払い、みかじめ料をせしめました。

 

ところが、ウンチェを襲ったあの強盗の戦利品を偶然目にしたとき、ムヒョクの中の良心が彼を咎めます。

 

彼は迷ったすえ、ウンチェを強引に連れ戻してしまいます。

 

当然、ウンチェを買った組織はムヒョクを許さず、彼に追手をけしかけます。

 

ですがそれはそれ、長年メルボルンに住み続けてるムヒョクは、地の利を活かして追手をまいてしまいました。

 

ウンチェとムヒョクは一晩を埠頭で過ごし、ウンチェはムヒョクを『自分を助けてくれたいい人』とばかり誤解します。

 

やがてふたりは別れ、ウンチェはホテルに戻ったあと、無事の帰国を果たすことが出来ました。

 

凶弾と旅立ち

何とも言えない気持ちで帰路についたムヒョクでしたが、彼を出迎えたのは予想だにしなかったものでした。

 

彼の家の玄関には、ジヨンからの結婚式の招待状が来ていたのです。

 

ムヒョクは怒り狂い、会場へ向かいます。
いざ会場につくと怒りも冷め、どちらかというとひややかな態度で披露宴に出席していたムヒョクは、しかし、もちろん落ち着きがありません。

 

彼があちこちをちらちら見渡していると、ふと、新郎を狙う暗殺者の姿が目に入りました。

 

このままではジヨンまで殺される!

 

そう感じたムヒョクは暗殺者とふたりの間に割って入り、頭に銃弾を食らってしまいます。

 

その弾丸は、ムヒョクの命を奪うには足りませんでした。

 

ですがその弾丸はムヒョクの頭の摘出不可能な位置まで食い込んでおり、記憶の障害などと共に、彼の頭の中に残ることになってしまいます。

 

更にムヒョクは、この前と今度の騒動があって、オーストラリアに残ることが出来なくなります。

 

彼は長年住み古した大陸を離れ、故郷韓国へと旅立つのですが…

 

【ネタバレ注意!】本編の結末

 

ムヒョクの脳機能障害は進み、彼は次第に廃人へと近づいていきます。

 

いや、廃人になるだけならまだいいのかもしれません。

 

物語終盤、彼の余命はもう間もなくなっていました。

 

ムヒョクは韓国で、偶然にもウンチェや実の両親とも知り合うことが出来ました。

 

一日も忘れたことのない母は、しかしムヒョクを息子だとは気が付きません。

 

それどころか、ムヒョクには悲しい事実が次々と突きつけられて行きます。

 

自分の代わりにやってきた両親の子供や、その彼の栄達、自分は養子に出されたのではなく不出来であったから父親に捨てられたこと…。

 

ムヒョクは生きる気力を無くし、死んでしまいたいと願うようになります。

 

ムヒョクは唯一の希望を、愛するようになったウンチェに託すようになります。

 

ですがウンチェはそれを重荷に感じ、ましてや愛するユンが心臓病になったことから、ムヒョクへの気持ちを定められずに居ました。

 

ふたりはすれ違い、やがてムヒョクに無情な死神が擦り寄ってきます。

 

このころになってようやく気持ちが固まったウンチェは、ムヒョクに愛を伝えます。
 

ムヒョクはウンチェの言葉に応じず、姿を消してしまいます。

 

ウンチェはムヒョクを必死に探し、やがて彼を見付けました。

 

それは、オーストラリアのある墓地で、でした。

 

ムヒョクはとうにこの世を去り、その墓石にはこんなメッセージが遺されていました。

 

『I’m sorry.I love you.』

 

ムヒョクは死に際して、決して自分の生涯を卑下しませんでした。

 

『なにかひとつ美しい思い出があれば、人は生きていける』

 

それほど報われなかったにせよ、ウンチェとの短い生活や両親との再会は、ムヒョクにとって幸せな時間でした。

 

ムヒョクは死の間際、母の声を幻聴しました。

 

『私の息子、愛しているわ…』

 

ムヒョクの心臓は、ユンに移植されました。

 

ユンは一命をとりとめ、ミンジュとの交友も続けています。

 

ウンチェにはそれで充分でした。

 

彼女のユンへの気持ちは、もう振り切れていました。

 

ウンチェはムヒョクの墓石を愛おしげに眺めたあと、その場に横たわります。

 

もう居ない彼を、ウンチェはまるでそこに居るかのように抱きしめます。

 

数日後、韓国のある新聞社にFAXが届きます。

 

『ある韓国女性がオーストラリアの墓地で死亡しており、発見された遺書には次のように記されていた』

 

『痛いほど孤独だった彼を放っておくことはできません』

 

物語の幕は、このように主人公とヒロインの死によって閉ざされます。

スポンサーリンク

【ごめん、愛してる】メインキャスト

 

【運命に翻弄される主人公】ムヒョク役:ソ・ジソブ

 

ソ・ジソブ扮するムヒョクは運命に翻弄され、数々の苦痛を味わうことになります。

 

幼少時代に両親に見放され、渡ったオーストラリアでは馴染めず、ストリートチルドレンになり、詐欺師まがいのことをしながら何とか生きていたかと思えば、恋人には見放され、余命はわずかで…

 

『美しい思い出があれば人は生きていける』と作中で言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

 

人生に何も良いことのなかった主人公が、人生の最後にそれを求めてあがくのがこのドラマです。

 

アウトローな役柄ですが、心の底には良心が残っており、困っている人を助けることもあります。

 

それだけに、彼の辛い境遇に、視聴者は打ちのめされていきます…。

 

【優し過ぎるヒロイン】ソン・ウンチェ役:イム・スジョン

 

イム・スジョンが演じたウンチェはムヒョクの支えとなる人物です。

 

ですがウンチェ自身は他の男を愛しており、やがて彼とムヒョクとの間で心が揺れ動いていきます。

 

優しい性格で、誰にでも分け隔てなく接することが出来る美女です。

 

ただ、優しいことは必ずしも人を幸せにするわけではありません。

 

特にムヒョクのような、自分を絶対的に愛して欲しい男にとっては…。

 

【お坊ちゃんのスター歌手】チェ・ユン役:チョン・ギョンホ

 

チョン・ギョンホのユンは『何不自由なく育ったお坊ちゃま』です。

 

母親から溺愛されて育ち、また苦せずしてトップ歌手になったユンは自由奔放で、悪い意味で屈託がありません。

 

ウンチェから一途な愛を向けられていますが、それに気が付かず、自分はミンジュを好いています。

 

色々な意味で、主人公ムヒョクと対になる人物です。

 

物語後半、彼の身体にはある異変がおとずれ…。

 

【怖いもの知らずのプレイガール】カン・ミンジュ役:ソ・ジヨン

 

ソ・ジヨンがそつなくこなしたカン・ミンジュは、韓国の大女優です。

 

若くして成功を収め、あちこちで男性と関係を持ってはあっけからんとしているような人物です。

 

同じような性格の母を持っていたようで、若いツバメを作り、家を出た彼女を深く憎んでいるようで…?

スポンサーリンク

【ごめん、愛してる】視聴者の感想

 

 

韓国版『ごめん、愛してる』のフル動画を全話日本語字幕で無料視聴する方法は?

『』をご覧になるなら、韓国ドラマならほぼ何でも揃っているdtvという動画配信サービスをご利用することを強くオススメ致します!

 

dtvなら他の韓国ドラマもガンガン見放題ですし、豊富な品揃えなのでオリジナル版とリメイク版なども見比べることが出来ますよ♪

 

またdtvでは、今だけ31日間無料トライアルを実施しています。

 

31日間もあれば、韓国ドラマを完全無料で一気見することもできますよね♪

 

→ 31日間トライアルを見る

.animate72,.a-option72,.a-btnsub72 {-webkit-animation-timing-function: ease-in;-moz-animation-timing-function: ease-in;-o-animation-timing-function: ease-in;animation-timing-function: ease-in;-moz-animation-iteration-count: infinite;-webkit-animation-iteration-count: infinite;-o-animation-iteration-count: infinite;-ms-animation-iteration-count: infinite;animation-iteration-count: infinite;}a.a-btn {position:relative;display:inline-block;margin:auto;-moz-box-sizing: border-box;-webkit-box-sizing: border-box;-o-box-sizing: border-box;-ms-box-sizing: border-box;box-sizing: border-box;}a.a-btn img {display: block;-moz-box-sizing: border-box;-webkit-box-sizing: border-box;-o-box-sizing: border-box;-ms-box-sizing: border-box;}img.a-option {z-index: 55;position: absolute;}img.a-main {width:100%;position:relative;z-index: 54;}a.shover:hover * {animation-name:none!important;}@-moz-keyframes animate72 {0%{ -moz-transform: skewX(9deg);}10%{ -moz-transform: skewX(-8deg);}20%{ -moz-transform: skewX(7deg);}30%{ -moz-transform: skewX(-6deg);}40%{ -moz-transform: skewX(5deg);}50%{ -moz-transform: skewX(-4deg);}60%{ -moz-transform: skewX(3deg);}70%{ -moz-transform: skewX(-2deg);}80%{ -moz-transform: skewX(1deg);}90%{ -moz-transform: skewX(0deg);}100%{ -moz-transform: skewX(0deg);}}@-o-keyframes animate72 {0%{ -o-transform: skewX(9deg);}10%{ -o-transform: skewX(-8deg);}20%{ -o-transform: skewX(7deg);}30%{ -o-transform: skewX(-6deg);}40%{ -o-transform: skewX(5deg);}50%{ -o-transform: skewX(-4deg);}60%{ -o-transform: skewX(3deg);}70%{ -o-transform: skewX(-2deg);}80%{ -o-transform: skewX(1deg);}90%{ -o-transform: skewX(0deg);}100%{ -o-transform: skewX(0deg);}}@-webkit-keyframes animate72 {0%{ -webkit-transform: skewX(9deg);}10%{ -webkit-transform: skewX(-8deg);}20%{ -webkit-transform: skewX(7deg);}30%{ -webkit-transform: skewX(-6deg);}40%{ -webkit-transform: skewX(5deg);}50%{ -webkit-transform: skewX(-4deg);}60%{ -webkit-transform: skewX(3deg);}70%{ -webkit-transform: skewX(-2deg);}80%{ -webkit-transform: skewX(1deg);}90%{ -webkit-transform: skewX(0deg);}100%{ -webkit-transform: skewX(0deg);}}@keyframes animate72 {0%{ transform: skewX(9deg);}10%{ transform: skewX(-8deg);}20%{ transform: skewX(7deg);}30%{ transform: skewX(-6deg);}40%{ transform: skewX(5deg);}50%{ transform: skewX(-4deg);}60%{ transform: skewX(3deg);}70%{ transform: skewX(-2deg);}80%{ transform: skewX(1deg);}90%{ transform: skewX(0deg);}100%{ transform: skewX(0deg);}}.animate72{-webkit-animation-name: animate72;-moz-animation-name: animate72;-o-animation-name: animate72;animation-name: animate72;}@-moz-keyframes option72 {0%{ -moz-transform: translateX(0);}20%{ -moz-transform: translateX(9%);}50%{ -moz-transform: translateX(5%); }60%{ -moz-transform: translateX(13%);}90%{ -moz-transform: translateX(0);}100%{ -moz-transform: translateX(0);}}@-o-keyframes option72 {0%{ -o-transform: translateX(0);}20%{ -o-transform: translateX(9%);}50%{ -o-transform: translateX(5%); }60%{ -o-transform: translateX(13%);}90%{ -o-transform: translateX(0);}100%{ -o-transform: translateX(0);}}@-webkit-keyframes option72 {0%{ -webkit-transform: translateX(0);}20%{ -webkit-transform: translateX(9%);}50%{ -webkit-transform: translateX(5%); }60%{ -webkit-transform: translateX(13%);}90%{ -webkit-transform: translateX(0);}100%{ -webkit-transform: translateX(0);}}@keyframes option72 {0%{ transform: translateX(0);}20%{ transform: translateX(9%);}50%{ transform: translateX(5%); }60%{ transform: translateX(13%);}90%{ transform: translateX(0);}100%{ transform: translateX(0);}}.a-option72{-webkit-animation-name: option72;-moz-animation-name: option72;-o-animation-name: option72;animation-name: option72;}img.a-option72 {left:0;top:18%;} .a-btn72{padding-left:0%!important;}.a-option72{top:0%!important;}.a-option72{width:20%!important;}.a-btn72{max-width:100%!important;}.animate72,.a-btnsub72,.a-option72{animation-duration:1s!important;-webkit-animation-duration:1s;-ms-animation-duration:1s;-moz-animation-duration:1s!important;}

 

私も、無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

 

韓国ドラマ以外にも国内ドラマや海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ!

 

 

中でもdtvは韓国ドラマに力を入れているといった特徴があり、正統派ストーリーからラブコメで人気な作品からマイナーな作品まで!

 

もちろん、あなたの大好きな時代劇や愛憎溢れるドロドロ系なんかも豊富に。

 

しかも!人気俳優やアイドルが出演しているテレビやバラエティー番組なんか見放題で、毎日私は忙しいです(笑)

dtv

 

最近では、小栗旬さんや堂本剛さん出演で実写化された、映画『銀魂』も独占配信していますよね!

今から無料登録していれば『試写会』にも参加できるみたいですよ!

 

ただ、31日間の無料トライアル期間はいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので安全な方法で視聴することをおすすめします!!

>>dtvはこちら

 

dtv利用者の口コミ

>>dtvはこちら

 

日本リメイク版『ごめん、愛してる』の動画を安全・確実に無料視聴する方法

ドラマや映画はよく、放送終了後にBlu-ray&DVDがリリースされることがありますよね。

 

どうせなら『無料でみたい』という方も少なくないはず。

 

では、『ごめん、愛してる』のようなドラマ・映画の動画を安全・確実に無料視聴するには…

 

ドラマや映画ならほぼ何でも揃っているU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスの利用をおすすめします!

ユーネクスト

 

U-NEXTでは『ごめん、愛してる』以外にも人気となった作品が、最新~過去の名作までもっと様々なドラマや映画が無料で視聴できるんですよ♪

 

また、U-NEXTでは、今なら31日間無料トライアルを実施しています。

 

31日間もあれば、ドラマや映画を完全無料で一気見することもできますね。

>> 31日間トライアルを見る

.animate72,.a-option72,.a-btnsub72 {-webkit-animation-timing-function: ease-in;-moz-animation-timing-function: ease-in;-o-animation-timing-function: ease-in;animation-timing-function: ease-in;-moz-animation-iteration-count: infinite;-webkit-animation-iteration-count: infinite;-o-animation-iteration-count: infinite;-ms-animation-iteration-count: infinite;animation-iteration-count: infinite;}a.a-btn {position:relative;display:inline-block;margin:auto;-moz-box-sizing: border-box;-webkit-box-sizing: border-box;-o-box-sizing: border-box;-ms-box-sizing: border-box;box-sizing: border-box;}a.a-btn img {display: block;-moz-box-sizing: border-box;-webkit-box-sizing: border-box;-o-box-sizing: border-box;-ms-box-sizing: border-box;}img.a-option {z-index: 55;position: absolute;}img.a-main {width:100%;position:relative;z-index: 54;}a.shover:hover * {animation-name:none!important;}@-moz-keyframes animate72 {0%{ -moz-transform: skewX(9deg);}10%{ -moz-transform: skewX(-8deg);}20%{ -moz-transform: skewX(7deg);}30%{ -moz-transform: skewX(-6deg);}40%{ -moz-transform: skewX(5deg);}50%{ -moz-transform: skewX(-4deg);}60%{ -moz-transform: skewX(3deg);}70%{ -moz-transform: skewX(-2deg);}80%{ -moz-transform: skewX(1deg);}90%{ -moz-transform: skewX(0deg);}100%{ -moz-transform: skewX(0deg);}}@-o-keyframes animate72 {0%{ -o-transform: skewX(9deg);}10%{ -o-transform: skewX(-8deg);}20%{ -o-transform: skewX(7deg);}30%{ -o-transform: skewX(-6deg);}40%{ -o-transform: skewX(5deg);}50%{ -o-transform: skewX(-4deg);}60%{ -o-transform: skewX(3deg);}70%{ -o-transform: skewX(-2deg);}80%{ -o-transform: skewX(1deg);}90%{ -o-transform: skewX(0deg);}100%{ -o-transform: skewX(0deg);}}@-webkit-keyframes animate72 {0%{ -webkit-transform: skewX(9deg);}10%{ -webkit-transform: skewX(-8deg);}20%{ -webkit-transform: skewX(7deg);}30%{ -webkit-transform: skewX(-6deg);}40%{ -webkit-transform: skewX(5deg);}50%{ -webkit-transform: skewX(-4deg);}60%{ -webkit-transform: skewX(3deg);}70%{ -webkit-transform: skewX(-2deg);}80%{ -webkit-transform: skewX(1deg);}90%{ -webkit-transform: skewX(0deg);}100%{ -webkit-transform: skewX(0deg);}}@keyframes animate72 {0%{ transform: skewX(9deg);}10%{ transform: skewX(-8deg);}20%{ transform: skewX(7deg);}30%{ transform: skewX(-6deg);}40%{ transform: skewX(5deg);}50%{ transform: skewX(-4deg);}60%{ transform: skewX(3deg);}70%{ transform: skewX(-2deg);}80%{ transform: skewX(1deg);}90%{ transform: skewX(0deg);}100%{ transform: skewX(0deg);}}.animate72{-webkit-animation-name: animate72;-moz-animation-name: animate72;-o-animation-name: animate72;animation-name: animate72;}@-moz-keyframes option72 {0%{ -moz-transform: translateX(0);}20%{ -moz-transform: translateX(9%);}50%{ -moz-transform: translateX(5%); }60%{ -moz-transform: translateX(13%);}90%{ -moz-transform: translateX(0);}100%{ -moz-transform: translateX(0);}}@-o-keyframes option72 {0%{ -o-transform: translateX(0);}20%{ -o-transform: translateX(9%);}50%{ -o-transform: translateX(5%); }60%{ -o-transform: translateX(13%);}90%{ -o-transform: translateX(0);}100%{ -o-transform: translateX(0);}}@-webkit-keyframes option72 {0%{ -webkit-transform: translateX(0);}20%{ -webkit-transform: translateX(9%);}50%{ -webkit-transform: translateX(5%); }60%{ -webkit-transform: translateX(13%);}90%{ -webkit-transform: translateX(0);}100%{ -webkit-transform: translateX(0);}}@keyframes option72 {0%{ transform: translateX(0);}20%{ transform: translateX(9%);}50%{ transform: translateX(5%); }60%{ transform: translateX(13%);}90%{ transform: translateX(0);}100%{ transform: translateX(0);}}.a-option72{-webkit-animation-name: option72;-moz-animation-name: option72;-o-animation-name: option72;animation-name: option72;}img.a-option72 {left:0;top:18%;} .a-btn72{padding-left:0%!important;}.a-option72{top:0%!important;}.a-option72{width:20%!important;}.a-btn72{max-width:100%!important;}.animate72,.a-btnsub72,.a-option72{animation-duration:1s!important;-webkit-animation-duration:1s;-ms-animation-duration:1s;-moz-animation-duration:1s!important;}

 

U-NEXTなら、過去~現在の名作まで網羅!あなたの大好きなラブコメから大河ドラマだっていつでも見放題!

 

ユーネクスト

毎週のように作品が追加させれていくから、作品数は業界NO.1!!

 

人気のドラマや映画はもちろん完璧に抑えています♪

 

さらに!ドラマや映画だけでなく、アイドルのライブなどの映像も盛りだくさんなんです!

あなたの大好きなアイドルだって、毎日いつでもどこでもあなたのそばにいてくれるんですよ♡

 

U-NEXTなら、どの動画配信サービスよりも豊富ラインナップで、あなたのみたい作品が勢揃いなんですよ♪

 

しかも!ドラマや映画以外にも

  • 韓国ドラマ
  • 海外ドラマ
  • 雑誌
  • アニメ

なども全部見放題でしたよ!

ユーネクスト

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

  • Dallymotion(デイリーモーション)
  • miomio
  • Pandora(パンドラ)

といった名前を聞いたことがあるかもしれません。

 

これらのサイトは動画が無料でダウンロードできるのですが、こういったサイトの動画は著作権違反で違法動画です。

 

このような違法サイトから動画をダウンロードして動画を見ること自体も犯罪になってしまいます。

 

しかも、あなたのパソコン(ローカル上)にダウンロードした動画を保存しておくことも非常に危険であり、ウィルスが感染する可能性があるのです。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全で安心な方法で視聴することをおすすめします!!

>>【無料】U-NEXTはこちら

 

U-NEXTを利用した人の口コミは?

>>安全に無料視聴する 

 

まとめ

 

今回は韓国オリジナル版『ごめん、愛してる』のあらすじや、結末のネタバレなどをご紹介しました!。

 

『ごめん、愛してる』は

 

  • オーストラリアに養子に出された主人公は、異国の地に馴染めずストリートチルドレンになってしまう

 

  • 詐欺師や恐喝まがいのことをして野生児同然に育つが、恋人が出来て少し落ち着く

 

  • だがその恋人が他の男と婚約し、また荒れだす

 

  • そんな折、オーストラリアに来ていたヒロインと知り合う

 

  • 最初はヒロインを『鴨』にしていた主人公だが、良心が咎め、彼女を救い出す

 

  • その後、かつての恋人の結婚式に参加した主人公はある出来事から頭を負傷する

 

  • その負傷は後遺症を伴うもので、彼は記憶障害などを負ってしまう

 

  • 敵を作った主人公はオーストラリアから故郷の韓国へ戻り、そこでヒロインと再会する

 

  • 実の両親との再会などを果たすが、それは決して感動的な出来事にはならず…

 

  • 衝撃的なオチがやってくる

 

ざっくりと、こんな物語です!

 

ひとりの男の悲痛な生涯をシャープに描いた『ごめん、愛してる』。

 

感動の本作を、どうぞハンカチとご一緒に動画でお楽しみくださいませ!

 

 

>>【即完了】タダで7000円!24時間その場で視聴<<

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です