プロデューサー韓国ドラマ動画5話を日本語字幕で無料視聴するには?

プロデューサー韓国ドラマ動画5話を日本語字幕で無料視聴するには?

韓国で大ヒットとなった豪華俳優陣が出演するラブコメディードラマ『プロデューサー』第5話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法についてご紹介していきます!

 

ドラマ『プロデューサー』は大手放送局を舞台に、キム・スヒョン演じる新人プロデューサー、チャ・テヒョンとコン・ヒョジン演じる中堅プロデューサー、そしてIU演じる人気歌手の4人が、複雑な恋愛関係に発展していく様子と、放送業界の裏側をリアルかつコミカルに描いたラブコメディー!

 

若手実力派のキム・スヒョン、そしてチャ・テヒョン、コン・ヒョジンの大スターと演技ドルとして急成長中のIUの夢の共演が実現!

 

また、チャン・ヒョク、イ・スンギ、コ・アラ、ファン・シネなど豪華な俳優さんが特別出演されている贅沢なドラマです!

 

舞台は汝矣島の中心、365日24時間電気が消えず国民の受信料で運営されている、KBS韓国放送。そこの6階、芸能局。

 

チャ・テヒョンとコン・ヒョジン演じる2人の中堅プロデューサーと、キム・スヒョン演じる一流大学卒のまだ駆け出し新人プロデューサー、ペク・スンチャン。そしてIUが演じる人気売れっ子歌手の4人が繰り広げる、笑い&涙あり、なぜだか心から応援したくなってしまう・・・そんなラブコメドラマです!

 

4人の多様な恋愛関係の変化にも大注目です♪

 

放送業界の裏側を忠実にまたコミカルにドラマ化しているので、皆がよく知っている俳優さんやアイドル達も本人役としてそのまま出てくるのも見どころの一つです。

 

EXIDハ二、GOT7、少女時代テティソ、俳優チャン・ヒョク、イ・スンギのカメオ出演もあったりと、豪華ゲストがたくさん出演しています!

 

韓国ドラマ『プロデューサー』第5話の動画を日本語字幕で無料視聴する方法はお見逃しなく!

『プロデューサー』あらすじ

 

いつの間に同居人に!?

プロデューサー 韓国ドラマ 動画 2話

 

幼馴染のラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)とタク・イェジン(コン・ヒョジン)は、KBSに勤める中堅プロデューサー。

 

新居に引っ越すまでの4か月間の間、住む場所がないと困っていたイェジンに酔った勢いである約束をしてしまう。

 

その約束とは、周囲には秘密で一時的に住居を共有するというもの。

 

そこから、二人の同居が始まる!

 

お互いに彼氏彼女ができても、つかず離れずの距離を保ち、いわば友達以上恋人未満の関係だった二人。

 

酔った勢いで約束したあの日、ジュンモはイェジンにキスし、男らしい一面を見せていた。

 

友達として一線を置いていたイェジンは、それを機にジュンモを男として見始める。

 

しかし、肝心な本人は酒に酔っていたため記憶がない。

 

距離を縮められぬまま時は過ぎていき、今年の入社式当日。

 

急いでいたイェジンは、隣に停車していた新人ペク・スンチャン(キム・スヒョン)の車にドアをぶつけたことから物語は始まる。

 

憧れの先輩を追いかけてきたのに・・

プロデューサー 韓国ドラマ 動画 2話

 

憧れの女性を追いかけ新人プロデューサー(PD)としてKBSに入社したスンチャン(キム・スヒョン)。

 

一時は秀才と言われながらソウル大、延世大、高麗大を出て放送局に入りお祝いもいっぱい貰った。

 

そして、一生懸命英語の勉強をしてTOEIC980点も取ったのに…

 

町のインタービューに出て外国人に会うとあまり喋れないのは高校生と同じで、読み取りはネット上で海外商品を購入する時しか使えず、あまり使う事もない。

 

中・高校時代にずっと1番だった科目は数学と科学だったのに、実際に撮影現場で最も必要なのは目端と体力で、就職しようと論述と常識を一生懸命に勉強したが、会議室で最も必要なのは優れた話術と携帯の電話帳だと気付いてしまった。

 

芸能局とは、無能の高学歴たちの集まりだった。

 

自分のこれまでの人生は何の役にも立たなかったのかと落ち込むスンチャン。

 

入社後、さっそくドジをして大先輩のイェジンに目をつけられてしまう。

 

そんな中、ジュンモが担当するバラエティー「1泊2日」のチームに配属されるも、そこでも番組降板をめぐり、様々なトラブルが付いて回る。

 

そもそも大学時代の憧れの先輩、ヘジュを追いかけKBSに入社したスンチャンだったが、入社後に彼氏がいることに気付きショックを受け・・・。

 

それでも自然と憧れの先輩を目で追ってしまうスンチャンは、彼氏のジュンモが二股してるのではと疑惑の目を向け始める。

 

始めは単なる先輩としてだったが、イェジンの事が徐々に女性として気になり始めたスンチャンは、ウジウジしているジュンモを差し置いてひたむきにアピールを開始する。

 

絡み合う恋愛模様

プロデューサー 韓国ドラマ 動画 2話

 

普段は男勝りの性格なイェジンは、恋愛に関しては超がつくほど奥手!

 

真面目で素直なスンチャンの事を”いい男”と認めながらも彼の好意には気づいておらず、ジュンモに対する気持ちを捨てきれずに過ごしていた。

 

ジュンモは酔った勢いでイェジンにキスをしたりしたものの、彼女の気持ちを知りつつ、気づかぬふりをする。

 

一方、重要な役どころとして登場するのが、クールでツンとしているシンディ(IU)である。

 

シンディはデビュー10年目のトップスター。

 

「私は練習生になった時から10年間、1日も休んだことがないんです」というほどの多忙なアイドル。

 

「13歳でスカウトされて上ることしか考えていない10年だったけど今23歳になって、これからは落ちることしか残っていない」とも・・。

 

両親を亡くし事務所社長のミスクを「お母さん」と慕ってきたシンディだったが、捻じ曲がった社長の愛情表現に嫌気がさし真っ向から対立する。

 

ある雨の日、傘がなく困っていたシンディにKBSの傘を使ってくれと差し出すスンチャン。

 

貸したはいいものの、そういえばこれはデスクで借りたものだから返さないと給料から天引きされる可能性があった。

 

「返してくれると思うけど電話番号を教えてくれ」とシンディに伝える。

 

シンディの反応はもちろん『変な人』。

 

仕方なく電話番号を教えるシンディ。

 

二人の関わり合いが始まる。

 

もどかしくなってしまう、けれど優しく見守りたい・・そんな気持ちにさせてくれる複雑な恋愛関係にも注目です!

 

イェジン、ジュンモ、スンチャン、シンディの絡み合う恋模様はどのような結末を迎えるのか…!

 

大物芸能人&アイドルたちが続々と出演しているこのドラマ!

 

ファンにとっては目が離せない内容間違いなしです♪

スポンサーリンク

『プロデューサー』5話のあらすじ

 

シンディの強がり

プロデューサー 韓国ドラマ 動画 5

 

同じ傘の中に入りときめきを感じているかのようなシンディ。

 

けれど、雨に濡れそうなカメラを見て、カメラマンの方に駆け寄り雨を避けさせるスンチャン。

 

どちらが湿気に弱いのかで瞬間的に判断したとカメラに向かって話すスンチャン。

 

「シンディがすねないか?」との問いには言葉が出ない。

 

テントを張るスンチャン。

 

これみよがしに手伝おうとするシンディ。「冗談じゃないわね、すごくしんどいでしょ?」と言う。

 

「え?」と、スンチャン。

 

「テントを組み立てる絵が必要では?」と、シンディ。

 

「あればいいですが」と、スンチャン。

 

だからだと言って、テントを組み立てる絵を使って、編集で字幕もつけるようにと、具体的な文章まで提案するシンディ。しかも字はピンクでだ。

 

シンディは一緒に張ったことにしてほしいと頼むが、スンチャンは「嘘はつけません」と要求を却下する。

 

スンチャンは言う。「我々はリアル芸能です。より正確には、リアル野生ロードバラエティー」

 

と、一歩も引かないスンチャン。

 

真面目なスンチャンは、こんな厳しい状況下にあっても予定を変更することなく、シンディに夕食をかけた「運試しゲーム」をやらせた。

 

失敗続きのシンディに残されたラストチャンスは、「友達の応援」。

 

親しい友達に電話をかけて、応援の言葉を言ってもらえれば成功となる。

 

ピンキー4のメンバー“ユジュ”に電話をかけるが「ただいま電話に……」の自動音声が。

 

続いて同じくメンバーの“クリスティーン”に電話をかけてみる。

 

しかし、クリスティーンは収録中だと言ったにもかかわらず、「応援でもしろと言うの?ずうずうしいわね。二度とかけないで」ときつい言葉をかけられる始末。

 

結局シンディは夕食も食べることができないまま、テントの中で野宿することに。

 

テント内にカメラを設置しながら、初めての野営で眠気が来るかと思ってと、ヘッドフォンと本を渡すスンチャン。

 

「ここで本を読めと?」と、シンディ。

 

「眠気が来ます」と、スンチャン。

 

また、朝髪が乱れたらと、非常用のキャップも渡す。

 

シンディはスンチャンに「電話した場面をカットしてください」と切り出す。

 

「仲間外れにされているわけではなく、みんな忙しいだけ。誤解されてはクリスティーンさんも困るから」と。

 

何も言わずにテントを出るスンチャン。

 

ジュンモ VS ピョン社長

プロデューサー 韓国ドラマ 動画 5

 

その翌朝。

 

シンディはスンチャンと朝食をかけたクイズに挑戦することに。

 

スンチャンがヒントを出し、シンディがお題を答えるのだが、スンチャンのヒントがとにかくやたらと難しい。

 

何のことを言っているのかまるでピンと来ないシンディだったが、なんとか1つだけ正解した。

 

一方、現場にずっと滞在しているピョン代表。

 

キム室長から、スンチャンがシンディのパートナーになっていることを聞かされる。

 

その二人は、あるものを説明し何かを答えるゲームをしていた。

 

スンチャンの小難しい説明に答えられないシンディ。

 

ようやく『野外就寝』と答えたかと思うと、テープを変えるとのVJからの非情な言葉が。

 

そこにやって来て、また撮影しろとピョン代表。リアルバラエティーなのでそれはできない。

 

矛先は、小難しく説明するスンチャンにも向かう。困り顔になるスンチャン。

 

その様子を見ていたピョン社長がまたも怒鳴り込んできた。

 

ピョン社長がジュンモに「シンディはわが社のコンテンツであり、彼女次第で株価が変動するのだ」とまくし立てる。

 

『1泊2日』への出演を発表してから株価は下落しっぱなしである。

 

「あんな新人にシンディを任せるなんてひどい」と言うピョン社長に、「ひどいのはそっちだ」と反論するジュンモ。

 

ジュンモはシンディを「コンテンツ」と表現したことを指摘し、「あの子と同じ目に遭わせる気か?」と詰め寄った。

 

「自分を犠牲にしてスターを育て上げてきた」と主張するピョン社長。

 

「とんだ思い込みだ」と返すジュンモ。

 

「数字の話(株価のことですね)をしたければ競馬場へ行け」とジュンモはピョン社長を責めたが、視聴率のためにシンディをひどい目に遭わせて喜んでいるジュンモも同じだと反論される。

 

楽しそうに盛り上がるメンバーたちの輪から外れ、1人ぽつんとヘッドホンで音楽を聴いているシンディを見て、切ない表情になるジュンモ。

 

どうやら、ピョン社長の言葉がジュンモには響いたようだ。

 

ジュンモはシンディにひどい扱いをしたスンチャンを怒鳴りつける。

 

「状況に応じて融通を利かせるべきだった。おまえのことを叱るのはもううんざりだ。」

 

ジュンモに怒られるスンチャンを見て、カメラマンがスンチャンも食事を一切取らなかったとかばう。

 

それでも「すぐ俺に連絡すべきだ」と怒りが収まらないジュンモ。

 

帰りのバス。

 

乗り込んでくる先輩に席を譲っているうちに、後部座席にいたジュンモの隣に座る羽目になってしまったスンチャン。

 

最初は気まずそうにしていたが、疲れ切っていた2人はいつしか仲良くもたれ合いながら眠り込んでいた。

 

イェジンの告白

プロデューサー 韓国ドラマ 動画 5

 

イェジンが「ミュージックバンク」のスタッフと打ち合わせ。

 

BIGBANGに舞台の変更についての連絡をするように言うイェジン。

 

「たった今自分がした。大丈夫です、修正するって」と、タジョン。

 

「マネージャーと連絡してるの?」と、イェジン。

 

「いいえ、スンリ(V.I)オッパと」と、タジョン。

 

親しいのと問われ、「親しいならGD(G-Dragon)オッパとより親しいです」とも言う。

 

「5年やって話もできないのに、あんたすごい」と、スタッフ。

 

「芸能人と親しくしようと放送局に通ってるの?」から始まり、「いつも会議の時に案を出さずにスマホばかりいじってるのに親しくなって、その服は何?あんたがアイドルなの?」などと、小言を言うイェジン。

 

放送作家にとっての長所だとフォローする男性スタッフ。

 

そこへ「1泊2日」チームが帰ってきた。

 

イェジンは姿の見えないジュンモが気になり、スンチャンに聞くと、会食の会場へ行ったということだった。

 

スンチャンが酒を飲んでうっかりジュンモとの同居のことを誰かにしゃべってしまうのではないかということが気になるイェジンは会食の場所を聞く。

 

一方、シンディも自分の不利な場面をカットしてもらうために会食の場へやってきた。

 

そこへイェジンたちも到着し鉢合わせ。

 

イェジンに対して、「メイクが薄くて気づきませんでした」と憎まれ口をたたくシンディ。

 

イェジンもイェジンで「ある歌手のせいで放通委に呼ばれたから、反省モードだ」などと、あからさまにシンディを攻撃する。

 

イェジンはジュンモにもシンディの悪口を言い、スンチャンにはシンディが身勝手な行動をしなかったかと詮索したりする。

 

スンチャンは、ジュンモとシンディが仲良さそうに話をしているのを面白くなさそうに見ているイェジンを見ていた。

 

シンディの前でジュンモに放通委には何を着ていけばいいかと聞くイェジン。

 

「私のせいで呼び出されてすみません」とシンディ。

 

と、言いつつも「あの衣装はそんなに問題なんですか?」と蒸し返す。

 

そんな中、ダジョンは「あの日シンディはイェジンに怒られた腹いせでそんなことをやったのかと思っていた」と言い出し、イェジンを慌てさせる。

 

あの日、イェジンは後輩たちを楽屋から出したあと、シンディを褒め殺し&泣き落としで口説いていた。

 

でも、後輩たちには叱ってやったと見栄を張っていたのだ。

 

ごまかすかのように笑顔で「乾杯して水に流しましょう」とグラスを差し出したイェジンに、「ビールは飲みません」とシンディは乾杯を拒否した。

 

ドキュ3日のカメラの前。

 

酒を多く飲んだようだと言われ、実は酒は精神力で、基本的に酔わないけど酔ったとしても酒癖はスッキリしたほうだ、自分を信じて飲んでるというか・・・と、イェジン。

 

トイレ前でスンチャンに出くわし、「もう飲むのはやめなさい。ずっと見てるけど続けて飲んでるじゃない、そうしてると失敗するわ!」と、イェジン。

 

「先輩もたくさん飲んでるようですが?」と、スンチャン。

 

「私は強いので心配しないで、あんたこそ調整しなさい」と、イェジン。

 

けれどイェジンはトイレに入る際に、玄関でするかのように靴を脱ぎ、しかも向きまで変える。

 

それを見て愕然とするスンチャン。

 

カメラに対して、他が酔っている時のような気分を感じたくもありと、自分が酔ってることを否定するイェジン。

 

また、女子トイレにカメラが入ってきていることにツッコミを入れる。

 

カメラの前のジュンモ。

 

あいつが酔ってないと言ったら酔っているんだと話す。また、特にあいつは酒癖がスッキリしてるなんて言ってはダメだと、イェジンの酒癖の悪さを匂わせる。

 

イェジンは酔うと秘密のことまでべらべら話すうえに、急に甘えだすのだと言う。

 

酔っているイェジンは「私がジュンモと住んでると誰にも言ってない?」と大声でスンチャンに確認し、スンチャンを慌てさせる。

 

ジュンモが言った通り、イェジンはいつもは見せたことのないようなかわいらしい仕草で、「イェジンは屋台に行きたいのぉ」とジュンモとスンチャンに甘えだした。

 

ジュンモとスンチャンの間に入り、2人の肩を抱きはしゃぐイェジン。

 

シンディがそんな3人の様子を車の中から眺めていた。

 

屋台で飲んでいた3人。

 

イェジンはジュンモに「美人の検事とお見合いするくせに、なぜ私にキスを?」とごくごくフツーに質問する。

 

その声を聞き、寝てしまいそうだったスンチャンの目が一気に覚めた。

 

「私をその気にさせておいて、自分は恋愛やお見合いをするなんて身勝手すぎる」と言い出したイェジンに「もう飲まない方が」とグラスを取ろうとするスンチャン。

 

「私は誰かを好きになると、いつもジュンモに相談してたけど、あなたが好きだから、誰にも話せないのよ。それがすごく辛いの」

 

イェジンはそうつぶやくと、寝落ちしてしまった。

 

私の秘密は言わないで

プロデューサー 韓国ドラマ 動画 5

 

朝、目が覚めたイェジンは昨日自分がしたことを思い出し、青くなる。

 

しかし、ジュンモはいつもと何ら変わらない態度。

 

イェジンは、酔うと記憶をなくすジュンモの癖に感謝する。

 

と、そこでソファで寝ているスンチャンを見つけて驚くイェジンとジュンモ。

 

ジュンモは「1人で自由に暮らしたくて親に譲り受けた家なのに、なぜか居候が増えていく」とぶつぶつ文句を言う。

 

そこへもう1人の居候イェジュンが絶妙なタイミングで帰宅した。

 

どんなわけか、4人で朝食を取ることに。

 

イェジュンはスンチャンの家が向かいの棟だと知り、姉の売り込みを始める。

 

スンチャンはイェジュンに外泊する機会は多いのかと聞く。

 

「弟さんが外泊したらお姉さんは男と2人きりになりますよね。それは望ましくないので、なるべく早く帰ってください」と真剣な表情で訴えるスンチャンを複雑な表情で見つめるイェジュン

だった。

 

出社するイェジン。しかし、ホンスンに急に肩を叩かれ驚く。

 

出て死なないといけないようだと、イェジン。ジュンモと喧嘩したのか?と、ホンスン。

 

私ってそんなイメージなの?と、イェジュン。ちょっとそうだな、どうにもと、ホンスン。

 

昨日の人生を捨ててしまいたいと言うイェジン。

 

ヤンミからコピー用紙がもらえないということが問題だろうと告げるホンスン。

 

それが問題だというのは良かったわねと、イェジン。

 

ホンスンのところの作家が裏側を使わず紙を捨てたため、そのようなことになっていたのだ。

 

すれ違いざまにスンチャンを屋上へ呼び出すイェジン。

 

私は酔うと嘘をつくクセがあると言い、どんな嘘をついていたかと確認する。

 

それで、「何を聞くには聞いたの?」と、イェジン。

 

「昨日、ウソをおっしゃったのを聞いたようです」と、見たこと聞いたことをすべて話すスンチャン。

 

どっちみち嘘だしと制止し、「それで、あんたの考えでは、ジュンモも私のウソを聞いたの?」と、イェジン。

 

「起きてらしたけど、聞いたかどうかは・・・」と、スンチャン。

 

返済ではなくプレゼントだと、お金を渡すイェジン。特

 

殊任務として、ジュンモが聞いていたかどうかを調べさせるためだ。

 

「自分が見るに、ジュンモ先輩はすごく酔っ払っていました」と、スンチャン。

 

「知ってる、あいつが酔えばフィルムがよく切れる、それが私の希望でもある」と、イェジン。

 

「そうだったら先輩のハッピーエンディングということですね?」と、スンチャン。

 

スンチャンがジュンモに何気なく昨日のことを聞いてみると、ジュンモは屋台での代金をカードで払ったことさえも覚えていなかった。

 

明細を見て驚いたようだ。

 

スンチャンは早速そのことをイェジンに報告したが、帰宅するときの歩き方が泥酔したときの歩き方ではなかったので、再び手掛かりを見つけるようにと指示される。

 

今回の歩き方、泥酔したときの歩き方を互いに披露し合う2人。

 

ちなみに、イェジンは『1泊2日』の会食代をカードで支払ったことをスンチャンから聞かされ、絶望的な顔になってました。

 

「行って」と言われて、戻りかけたスンチャンだったが、意を決したように切り出した。

 

「もし何かを誰かに話したいのに、話し相手がいなくて辛いときは、僕に話してください」とイェジンに告げる。

 

「ありがとう。何かあったら話すわ」と小さく笑うイェジン。

 

イェジンの本当の気持ちは・・・

プロデューサー 韓国ドラマ 動画 5

 

『1泊2日』の編集作業が始まる。

 

独房のような窓もない狭いスペースで血のにじむような努力が続く。

 

今後お前が最も多くの夜を過ごすことになると、スンチャンに編集室を紹介するジュンモ。

 

連想するものは?と問われて考試院と答えるスンチャン。

 

考試院はいいところで窓があるけどここはない、監房の独房のようだというジュンモ。

 

環境も似ている、一度入れば出るのも難しいのも似ていると言う。

 

イルヨンが入っているブースを開け、海浜の写真を外せ、何だそれ、行けもしないのにとと、ジュンモ。

 

自分が貼ったんじゃないと言い張るイルヨン。

 

前はビキニ写真だったのに誰が変えたんだろ?とも。

 

『つまらなく撮っても、粘り強く編集すればいい』と書いてある標語を見せ、その粘り強さはただ作られるんじゃなく、ここで汗と涙と血と寿命を注いでこそ作られるんだと、ジュンモ。

 

感心しつつも、そこまでしてみんな大丈夫なんですか?と、スンチャン。

 

大丈夫じゃないさと、胃炎や不整脈、喘息に難聴・骨粗鬆と、医者にどこの炭鉱で?と言われるほどみんなが病んでいることを話すジュンモ。

 

だから生きるためにビタミンDを共同購入し始めた、死にたくなくてとも。

 

入社してから、ようやくPDらしいことをすると、カメラに向かって話すスンチャン。

 

そして、先輩から聞かされた、編集は終えるのではなく止めるのだという言葉も紹介する。

 

また、それほど正解も終わりもない業務だと解釈し、グッと来ている。

 

いざ編集しようと思ったものの、スイッチがわからないスンチャン。

 

そこにヒョングンがやって来て、重要な任務と大げさに言いつつ、今まで自分がやっていた夜食調達業務をスンチャンにやらせることにした。

 

そして、自分はきのこのクリームリゾットを頼む。

 

外で出前を受け取って、それぞれの注文の品を配るスンチャン。

 

イルヨンにマンドゥククを渡すと、そこのトルボで注文したのか?と言われ、ぐしょぐしょに液漏れを起こしている状態を見せられ不平を浴びる。

 

ハッピートゥゲザーの新人は仕事ができるという噂だとも言われる。

 

スンチャンはFDからアドバイスをもらう。

 

完全に空腹になる前に何を食べたいか聞くことがポイントだという。

 

聞いた後は、それぞれの専門店に注文すること。

 

何でもいいと答えた人には“山菜ビビンバ”が無難だが、子どもっぽい好みの人には好まれない。

 

そこを区別するのはコーヒーの好みを見ればいいと言う。

 

長い名前のコーヒーを好む人は好みが子どもだと教えてくれた。

 

ジュンモが飲み過ぎた次の日には食べないジャージャー麵を食べていたことから、思ったより飲んでいなかったのかもとイェジンに報告するスンチャン。

 

しかし、二日酔いでもちゃんぽんを食べたがるときもあるので決め手にならないとぶつくさ言うイェジン。

 

戻ろうとしたイェジンにスンチャンが「覚えていたらダメなんですか?」と切り出す。

 

「もし昨日の話が事実だとしたら、覚えておいてほしいのでは?」

 

すると、イェジンが答える。

 

「あなたも編集すれば分かるようになるわ。誰かの言葉に相手が無反応だったら、その言葉はカットされる。あなたが言ったように、もし昨日の私の話が事実だったとして、ジュンモが聞いてたと仮定する。でも、ジュンモの私への態度はいつも通りだった。もし私の話を覚えてるのに何も反応がないということは、ジュンモは私の気持ちをカットしたってことよ」

 

「だから、覚えてないことを望んでるんですね。カットが怖いから」

 

隠している本当の気持ちをずばっと指摘されたイェジンだった。

 

あの日の出来事の真相は・・・?

プロデューサー 韓国ドラマ 動画 5

 

一方、編集作業をしているジュンモ。

 

午後の5時なのか明け方の5j時なのかわからない状況のジュンモ。行き詰まってしまい、スンチャンにシンディが笑みを浮かべている絵の字幕の案を求める。

 

追跡60分や危機脱出ナンバーワンのような野暮ったいアイデアしか出さないスンチャン。

 

お前はどうやら、ランニングマンが送ったXメンのようだ、オレたちのものを滅ぼそうと?と、スンチャンの背中を確かめるジュンモ。

 

7時過ぎ。スンチャンがシンディの靴紐を結ぶ姿で止めるジュンモ。どうして?と、スンチャン。『おまえ、放送に顔が出てもいいだろ?』と、ジュンモ。

 

そして、借金、変なサイトへの言論活動、SNSをしてないことを確認し、それなら問題無いと、このシーンを採用する。

 

躊躇するスンチャン。プログラムを面白くしようとするのが嫌なのか?ほんとにXメンか?と、ジュンモ。

 

一泊二日のPDはすべてを諦めなければならない、洗顔もできないのに顔が出るとか、自分の顔が売れる(売られる)のが重要です?プログラムが生きるか死ぬかの岐路なのに・・・。と、カメラに向かって話すジュンモ。

 

また、ぶっこむけど光るところはあると、モニターを見ながらスンチャンを一応褒める。

 

シンディの顔写真入り差し入れを大量に振る舞うピョン社長。

 

ジュンモとスンチャンがいる編集室にもやってきて、封筒を置く。

 

中に入っていたのはロト。

 

「連絡がなかったら、当たったと思って噂を流すわ」と言い、シンディの編集をうまくやるように圧力をかけてきたのだ。

 

差し入れを断り、屋台でのり巻きを買ってくるようにとスンチャンに指示するジュンモ。

 

スンチャンが昨日の屋台に行くと、店主から思いがけない言葉を聞かされる。

 

「昨日、あなたと女性はかなり酔っていた。一緒にいた男性はそこまで酔ってなかったけど、酔いつぶれたあなたたちを連れて帰るのに苦労してた」と。

 

この言葉がスンチャンの耳に入ることを懸念して、慌てて携帯に電話をかけたジュンモだったが、スンチャンは携帯を机に置いたままだった。

 

スンチャンは忘れていた記憶を思い出した。

 

『おい、もう家に帰ろう』と、イェジンに言うジュンモ。手でそれを遮るスンチャン。

 

『二人だけで行くと?ダメです。送り出せません。イェジン先輩が好きだって!イェジンん先輩がジュンモ先輩を好きだと!だから送り出したくない。二人だけで送り出したくない。イェジン先輩が・・・ジュンモ先輩を好きなの・・・いやだ・・・』と、言い突っ伏して寝た自分を思い出したのだ。

 

自分が言ったとんでもないことを思い出し、とぼとぼと歩いていると、様子を見に来たジュンモに会った。

 

あの屋台ではカードが使えなかったようだ。

 

つまり、カードで支払ったと言ったジュンモの言葉は嘘だとスンチャンは知ってしまったのである。

 

「先輩がカットしたイェジン先輩の話を覚えてますよね」

 

そう真剣な表情でじっとジュンモを見つめるスンチャンに困り顔のジュンモだった。

スポンサーリンク

『プロデューサー』5話を視聴した人の感想

 

 

 


二人の恋の行方が気になりますね…♪

 

韓国ドラマ『プロデューサー』のフル動画を全話日本語字幕で無料視聴する方法

韓国ドラマはよく、放送終了後にBlu-ray&DVDがリリースされることがありますよね。

 

どうせなら『無料でみたい』という方も少なくないはず。

 

では、『プロデューサー』のような韓国ドラマの動画を日本語字幕で無料視聴するには…

 

韓国ドラマならほぼ何でも揃っているU-NEXT(ユーネクスト)いう動画配信サービスの利用をおすすめします!

U-NEXTでは『プロデューサー』以外にも人気となった

  • 太陽の末裔
  • 恋はチーズインザトラップ
  • 私はチャンボリ
  • オーマイビーナス
  • 麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜
  • 美男ですね

など、最新~過去の名作までもっと様々な韓国ドラマが無料で視聴できるんですよ♪

 

また、U-NEXTでは、今なら31日間無料トライアルを実施しています。

 

31日間もあれば、韓国ドラマを完全無料で一気見することもできますね。

>> 31日間トライアルを見る

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですがお金は一切かかりませんでした。

 

U-NEXTなら、過去~現在の名作まで網羅!あなたの大好きな時代劇だっていつでも見放題!

 

毎週のように作品が追加させれていくから、作品数は業界NO.1!!

 

人気のドラマはもちろん完璧に抑えています♪

 

さらに!ドラマだけでなく、バラエティ番組やファンミーティング、K-POPアイドルのライブ映像も満載!

 

あなたの大好きな『新・韓流四天王』だって、毎日いつでもどこでもあなたのそばにいてくれるんですよ♡

 

U-NEXTなら、どの動画配信サービスよりも豊富ラインナップで、あなたのみたい作品が勢揃いなんですよ♪

 

しかも!韓国ドラマ以外にも

  • 国内ドラマ
  • 海外ドラマ
  • 雑誌
  • アニメ

なども全部見放題でしたよ!

 

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

  • Dallymotion(デイリーモーション)
  • miomio
  • Pandora(パンドラ)

といった名前を聞いたことがあるかもしれません。

 

これらのサイトは動画が無料でダウンロードできるのですが、こういったサイトの動画は著作権違反で違法動画です。

 

このような違法サイトから動画をダウンロードして動画を見ること自体も犯罪になってしまいます。

 

しかも、あなたのパソコン(ローカル上)にダウンロードした動画を保存しておくことも非常に危険であり、ウィルスが感染する可能性があるのです。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全で安心な方法で視聴することをおすすめします!!

>>【無料】U-NEXTはこちら

 

U-NEXTを利用した人の口コミは?

>>安全に無料視聴する 

まとめ

 

ドラマ『プロデューサー』は、韓国の大手放送局を舞台に繰り広げられる、キム・スヒョン演じる新人プロデューサーと、チャ・テヒョンとコン・ヒョジン演じる中堅プロデューサー、そしてIU演じる人気歌手の4人が、複雑な恋愛関係に発展していく様子を描いたラブコメディ!!

 

気になる方は、ぜひご覧ください♪

 

>>【即完了】タダで7000円!24時間その場で視聴<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です