韓国ドラマ華政(ファジョン) 相関図からみる第2幕のあらすじ・感想は?(ネタバレ)

韓国ドラマ華政(ファジョン) 相関図からみる第2幕のあらすじ・感想は?(ネタバレ)
Pocket

女性を中心に大人気の韓国時代劇ドラマ『華政』。

感動のストーリー・イケメン俳優勢ぞろいということから日本でも大人気のドラマです。

あなたは『華政』のファンですか?それとも少し興味がある程度でしょうか?

 

当サイトでは、韓国ドラマのあらすじ・ネタバレなどを充実した内容でお届けしています。

 

今回は、『華政』の相関図と、第二幕のあらすじと感想を紹介します!

 

華政の相関図からみる第2幕はどんなお話しになっているのでしょうか?

『華政』の概要

 

壬辰倭乱から10年。光海君は世子として昌徳宮の整備を急いでいます。

しかし、父である王・宣祖からは側室の子として忌み嫌われ、不遇の日々を堪えしのんでいました。

異母妹である、まだ幼い王女の貞明公主の笑顔が慰めです。

 

やがて、宣祖が崩御。

王位継承の決定権は正室である仁穆大妃に委ねられました。

仁穆大妃は、息子の永昌大君を王位に就かせる教旨を書くものの、貞明公主と永昌大君を守ると誓う光海君を信じます。

 

そして、光海君は15代王として即位。

しかし、先王にも仕えた尚宮のキム・ゲシらの画策で、永昌大君、そして貞明公主は亡きものとされてしまいます。

 

ところが、貞明公主は生き延びていました。

王女であることはもちろん、女性であることも隠し、倭国の硫黄鉱山へ奴隷として売られる貞明公主。

ファイと名前を変え、いつか光海君に復讐することを胸に誓うのですが…。

 

『華政』の見どころ

 

見どころはなんといっても、実在の人物を描いたノンフィクションドラマであることです。

壬申倭乱も、宣祖の突然の崩御も、光海君も、貞明王女も、全て歴史上に存在した英雄たちです。

 

それだけにリアリティーが十分で、より強い緊張感を持って歴史ドラマに肉薄することができます。

壬辰倭乱は豊臣秀吉の文禄の役のことを指していますので、日本の視聴者からも多くの関心が得られるでしょう。

 

日本では文禄の役に当たる朝鮮壬辰倭乱、その後に台頭してきた若き朝鮮王光海君と、高貴な身分から下賎まで身を落として復活した姫の生き様を描く、長編歴史ドラマです!

巧妙かつスケール大に練り上げられた脚本と構成、豪華なキャストの顔ぶれにも注目しましょう!

 

出演

  • チャ・スンウォン – 光海君
  • イ・ヨニ – 貞明公主
  • キム・ジェウォン – 仁祖
  • ソ・ガンジュン(5urprise) – ホン・ジュウォン(洪柱元)
  • ハン・ジュワン – カン・イヌ(康仁祐)
  • チョ・ソンハ – カン・ジュソン(姜周愃)

 

日本語吹替
  • チャ・スンウォン – 神奈延年
  • イ・ヨニ – 生天目仁美
  • キム・ジェウォン – 鳥海浩輔
  • ソ・ガンジュン – 濱野大輝
  • ハン・ジュワン – 西谷修一
  • チョ・ソンハ – 広瀬彰勇

 

日本での放送

  • KNTV:2015年9月5日 – 2016年2月21日
  • BSフジ:2016年5月26日 – 9月13日
  • TXN系
  • テレビ東京:2017年1月4日 –
  • テレビ大阪:2016年9月7日 –
  • テレビ北海道:2016年8月24日 –
  • テレビ愛知:2016年11月18日-
  • テレビせとうち:2016年7月21日 –
  • 新潟放送:2016年6月21日 –
  • LaLa TV:2016年6月18日 –

 

『華政』の相関図

スポンサーリンク

『華政』第二幕

 

『華政』第8回放送は、時間が流れて光海10年が描かれました。

 

放送では

  • 光海(チャ・スンウォン)
  • 貞明(イ・ヨニ)
  • ジュウォン(ソ・ガンジュン)
  • ジュソン(チョ・ソンハ)

がさらに変化した姿で登場して物語を豊かにし、視聴者に濃密な楽しさを与えました。

 

今までの『華政』がキャラクターの紹介だったとすれば、これからが本格的な場面への突入です。

『華政』のシーンは華やかで、迫力に溢れ、多様なキャラクターたちが一団となった、キャラクターたちの饗宴でした。

 

このような要素はよく作られたシチューのように入り交じって、視聴者たちの心を捕らえるのに成功しました。

これから『華政』で繰り広げられる『王座の対決』が、再びどんな味を届けてくれるのか、期待を集めています!

 

『華政』第8話のあらすじ

 

ドッキョンの家を訪れた光海君は宣祖の検死日誌を発見します。

なぜ先王の検死日誌を持っているのかを問うと、ドッキョンは王様の指示で先王は毒殺され、また毒を盛った者の体にはその痕が残っていると答えます。

光海君は、ゲシの腕に毒を盛った痕を見つけ驚愕します。

 

全てを知られたゲシは、毒殺の証拠を消し去るためには、自分とイチョムは自害し、ドッキョンを始末するしかないと願い出ます。

 

一方、貞明公主はマルノに女であることを気づかれ遊郭に行かされそうになったため、自分は朝鮮の公主だと明かすも一笑に付されます。

マルノから、大君と公主は王に殺されたと聞かされ絶望し、ジャギョンに自分を殺してくれと頼みます。

スポンサーリンク

『華政』第8話の感想

 

この作品、よくナム・サゴの予言書のことが振り返られますね。

この作品のこれを元に大きなストーりーの意味と流れを理解してもらうためでしょう。

 

つまり、裏で操る、光海君引きずりの意図が分かりやすくするためだと思います。

 

鉱山での出来事。

マルノって変な名前だなとは思ってはいましたが、『これがあの貧しいチョ・ガプスだとは』というセリフ。

 

この人も朝鮮人なんだな~と思いました。

今後なにか過去が出てきそうですね。

 

鉱山で噴火が始まる所と、光海君が先王の毒殺を知る場面をクロスさせて音楽で高揚感を高める所の演出は上手ですね。

 

大殿尚宮 キム・ゲシ役のキム・ヨジン。

チャングムの誓いでは、チャングムの医術の師役・チャンドク、流刑先で色々なことを教えてもらいます。

 

初めの出会い時は嫌な役ですが、後に医術の師となる所を尊敬します。

イ・サンでは英祖の正室、反正祖派・貞純(チョンスン)王妃キム氏役。

 

この人に役柄は、少し悪役だけれども『本当は良い人役』って感じの役柄が上手ですね~。

スポンサーリンク

『華政』まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、『華政』の相関図と、第二幕のあらすじと感想を紹介しました。

まだまだ続く『華政』

これからも、1話も見逃さずに、楽しみましょう!

 

この記事を読んで『華政』に興味を持った方は、ぜひ他の記事も読んでみてくださいね♪

既に『華政』のファンだ!という方は、ぜひ当サイトの他の記事も読んでいただき、より一層『華政』を楽しんで頂けたらと思います^^

>>【即完了】タダで7000円!24時間その場で視聴<<

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です