韓国ドラマ『三銃士』あらすじ4話ネタバレ

韓国ドラマ『三銃士』あらすじ4話ネタバレ

『三銃士』という韓国のドラマを知っていますか??

どこかで聞いたことがあるような気がしますね『三銃士』…。笑

 

今回は、韓国ドラマの『三銃士』の4話のあらすじを紹介していきます!!

 

もしかしたら、この4話のあらすじを見て三銃士の虜になってしまうかもしれませんね♪

 

ぜひ最後まで、ご覧になってください!!

『三銃士』4話のあらすじ※ネタバレ要素ありです!!

今回は、主に4話のあらすじを紹介していきます♪

あらすじの紹介では、ネタバレ的になっていきますので内容は知りたくないという方は、飛ばして見ていってください!!

 

『三銃士』とは?

 

新王朝時代を舞台に活躍する『三銃士』を描いた新感覚の時代劇ドラマとなっています。

 

武官試験の合格を目指して都にやってきた青年ダルヒャンが物語の主人公です♪

 

しかし試験前日の夜、優秀な受験者が何者かに襲われる事件が起き、犯人を追っていたダルヒャンは、『三銃士』と名乗る3人組と出会い物語は始まっていきます。

 

あの有名なフランス古典文学の『三銃士』をモチーフにされたドラマですね!

 

本来のキャラクターをしては、『ダルタニャン』という戦士が登場するので近いものがあります♪

 

気になるキャストご紹介

 

チョン・ヨンファ

  • パク・ダルヒャン
  • 三銃士の1人、世子の護衛に就く。
  • 武芸と正義感溢れる青年。
  • 初恋の女性ユンソは世子の妃に。

 

イ・ジヌク

  • ソヒョン=世子(セジャ)
  • 三銃士1人、世子護衛官。
  • 国王の息子、王位継承者。
  • お調子者は仮の姿で国を守る為、三銃士と共に隠密行動をとる。

 

ヤン・ドングン

  • ホ・スンポ
  • 三銃士1人、世子護衛官。
  • 世子とは幼馴染で無礼な一面もあるが頼りがいのある戦士。
  • 槍使いの名手。

 

チョン・へイン

  • アン・ミンソ
  • 三銃士1人、世子護衛官。
  • 美男子で女性に人気♡⇦ここ注目?
  • 元僧侶という異例の経歴。

 

ソン・ヒョンジン

  • ユンソ(世子の妃)
  • ダルヒャンと結婚の約束をしていたが、意思とは裏腹に世子の妃となるが世子はまだ愛情を示してくれいない。

 

ユ・イニョン

  • ミリョン(ヒャンソン)
  • 謎の女だが正体は世子の亡き婚約者。
  • キム・ジョジャムと結託している。

 

『三銃士』の4話あらすじ

 

ダルヒャンたちが文官たちの密談を聞いてからしばらくして、後金の使節団たちがやってきました。

 

これを受けて朝廷は、怱々とした大騒ぎとなります。

使節団を迎えて会うべきか、それとも会わないで追い返すべきか、2つの意見が対立してしまいます。

 

文官たちは揉めに揉めますが、それでも結論を出すことができません。

 

誰の言葉も当てにならないと考える仁祖は、文官たちに対する不信感を強めていき、孤立感を深めていきました。

 

不安に苛まれるようになった仁祖は、とうとう精神を病んでしまいました。⇦メンタル弱めなのかな??笑

 

一方、ダルヒャンはミリョンが使節団の中にいるのを確認して、ミリョンに会いに行くのでした。

そこでダルヒャンは思わぬ手紙に遭遇しました。

 

その手紙の内容は、ユンソがダルヒャンに宛てて書いたラブレターだったのです

それはとっくに処分したと聞かされていましたが、いまだに残っていたのでした。

 

一方、ユンソは隠しておいたラブレターが無くなっていることに気が付き、『ちゃんと引き出しに入れておいたのになぜ。』と困っています。

 

ところが、ダルヒャンがユンソのラブレターを読むことはミリョンが許しませんでした。

 

ダルヒャンが手紙を手に取った瞬間のこと、いきなりダルヒャンは首に毒針を打たれてしまいました。

 

あっというまに意識を失ってラブレターを奪われてしまうダルヒャン…

毒針を使って攻撃したのはミリョンだったのです。

 

遠のく意識のなかでダルヒャンはミリョンの声を聞きました。

 

『ソヒョン世子に命を捧げて仕えるべきではない、彼はそれほどの人物ではない。もし彼に忠節を尽くすなら、私のようになってしまうだろう…そして次にやられるのは、ソヒョン世子である…』と。

 

やがてダルヒャンは目を覚ましますが、すぐ近くでは一人の女官が死んでいました。

 

首に刺さったままの毒針を抜くダルヒャンは、それを布でくるんで懐へ入れます。

 

ダルヒャンは、動揺する心を必死に抑えながら、ヨンゴルテを避けて逃げました。

 

朝鮮の民は、仁祖とソヒョン世子が使節団に会いに行くことを知り、侮蔑の言葉を浴びせ流のでした。

 

『それでもこの国リーダーか。本当に統治者なのか。』

 

というメッセージが込められていましたが、仁祖は民の気持ちを知って不安を大きくしていくのでした。

 

平常心を失った仁祖はヨンゴルテの首を打てと言いますが、ソヒョン世子はそれ止めなだめました。

 

それでも仁祖は命令を撤回しようとしませんでした。

 

仕方なく命令を聞くしかなくなったソヒョン世子は、ミンソとスンポを呼び、二人にヨンゴルテの首を落とすことではなく、その首を守るよう命令したのでした。

まとめ

いやー…いかがでしたかね??

対立する意見を持つ仁祖とソヒョン世子の今後が気になりますね♪

こういった、対立関係は結構好きです笑

 

今回の記事では、『三銃士』の4話のあらすじを主題として書かせていただきました!!

 

韓国ドラマなかなか面白いですよ♪

こちらは、全12話構成なのでお手軽に見ることができると思います!

ぜひ見てみてくださいな!!

>>【即完了】タダで7000円!24時間その場で視聴<<

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です