Hulu・ネットフリックス・U-NEXTの違いを比較!口コミ・評判どっちがお得?!

Hulu・ネットフリックス・U-NEXTの違いを比較!口コミ・評判どっちがお得?!

人気無料動画配信サービスであるHulu・ネットフリックス・U-NEXTの違いやメリット・デメリットを含め、利用者の口コミ・評判を比較した評価をご紹介していきます!

 

今や様々な動画配信サービスがある時代・・・

 

沢山ある中で魅力や配信内容がちがっていたりと、実は比較して自分の興味にあったサイトを見つけることは大事なんです。

 

各サイトにはそれぞれ無料試用期間というのがあるので、その範囲の中で内容の他、使い勝手を試してみるのも!

 

そこで今回は、どの動画配信サイトに加入しようか悩んでいるあなたのためにHulu・ネットフリックス・U-NEXTの三社のメリットやデメリットを利用者の口コミ・評判とともに違いを比較していきます!

 

目次

まだ、『動画共有サイト』で無料視聴してる?

無料動画共有サイトの中でも今よく検索されているのが、これらのサイトではないでしょうか。

 

  • youtube
  • daily motion
  • FC2
  • 9tsu
  • Bilibili
  • pandra TV
  • miomio

 

どのような動画がアップロードされているか色々と見てみると…

 

パフォーマンス等をしているオリジナルの動画はもちろん、動物の癒される動画など。

 

その中でも多く目に付くのが、ドラマや映画、音源などですね。

 

一つの作品でも数人の方がアップロードしていることもあります。

 

レンタルしに店に行ったりデータを購入しなくても、無料で見れてしまうんです。

 

でもこれって…違法ですよね?

 

そこで、無料動画共有サイトのリスクをご紹介します。

 

著作権法違反の危険性が高い

 

違法な動画配信サイトには、権利者に無断でアップロードした動画や、音楽が存在します。

 

こうした著作権法違反の動画や音楽ファイルを、違法性を認識しながらダウンロードする行為も、著作権法違反となります。

 

悪性ホームページへの誘導でウイルス感染も

 

利用者を悪性ホームページに誘導しようとする攻撃者は、利用者にとって魅力的なサイトを構築して、利用者のアクセスを誘おうとします。

 

例えば、主要な検索サイトで音楽を検索する際に、「Free(無料)」という言葉を追加すると、検索結果が上位に表示されるように細工して、多くの利用者の関心を誘い、ウイルスに感染させる手口が報告されています。

 

こうしたサイトでは、動画の再生画面やクリックボタンを模した偽の画像に、悪性サイトへのリンクを仕込み、巧妙に利用者のクリックを誘って、悪性サイトへ誘導する手口も確認されています。

 

実際、動画配信サイトとそっくりに設計された、マルウェアを配信するWebページは多数報告されています。

 

音楽ばかりでなく、大きな事件や人気スポーツ、映画などのキャッチフレーズで利用者を誘惑し、マルウェア配信サイトに誘導する例もありますので注意が必要です。

 

利用者の危険だった声も

このように、無料で視聴ができる動画共有サイトは手軽に見えますが、実は危険でリスクを伴っているんですね。

 

やっぱり安心して見たい!

 

そんな方には動画配信サービスがおすすめなんです。

 

『動画配信サービス』Hulu

基本情報

 

  • 値段 933円/月
  • 無料期間 14日間
  • 動画本数 10,000本

 

メリット

月額933円で40000本以上が見放題!

 

以前は月額1480円でしたが、現在は933円(税抜き)となっております。

 

見放題の作品は40000本以上!

 

作品数が多いだけでなく、Huluだけでしか観れない作品も非常に多いです。

 

日本テレビ運営なので、日テレ作品も増えまくってます。

 

海外作品を日本最速で視聴できる

 

リアルタイム視聴というコンテンツが用意されていて、人気のある海外ドラマを日本最速配信しています。

 

いち早く視聴したい人には向いてるでしょう。

 

Huluの公式サイトに「番組表」が用意されているのでリアルタイム視聴したい人は必見です。

 

FOXではウォーキングデッドやプリズンブレイクなどの人気作品の最新作を視聴することができます。

 

気になる番組が配信されているか「番組表」を確認してみてみるのもいいですよ!

 

1080pのフルHD画質!

 

Huluは2017年5月中旬のリニューアル前までは最高画質がHD(720p)でしたが、リニューアル後には画質の面でもパワーアップしてフルHD画質(1080p)で視聴できるようになりました。

 

フルHD画質(1080p)の画質レベルは上位から3番目に位置しています。

 

(最高画質を8K、次点で4Kとした場合)

 

ストリーミング再生でこれほど高画質ならまず文句はないと思っていいでしょう。

 

例えば4K画質(UHD)で視聴するには4K対応テレビなど視聴する端末のスペックも必要になってきます。

 

また、ブルーレイディスクはフルHD画質で収録されていることが一般的なことを考えると画質については「フルHD」で十分とも言えるでしょう。

 

スムーズな動画再生

 

動画もサクサク見れる!

 

専用アプリの質が高く、通信も安定している。

 

動画の読み込みに時間がかかったり、フリーズしたりする事も少なく、途中で途切れたりする事も有りません。

 

早送りや、巻き戻し、インターネット経由で再生しているとは思えないくらいスムーズ。

 

専用アプリも他社動画配信サービスに比べても、非常に安定してます。

 

回線速度が遅くなった場合でも、自動的に画質調整してくれ、スムーズに見せてくれます。

 

対応端末の種類が豊富

 

液晶テレビ、ブルーレイプレーヤー、

 

iPhone、Androidスマホ、iPad、Androidタブレット、Nexus Player、

 

PC、Apple TV、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Chromecast、

 

PS3、PS4、Wii U、PS Vita、PS Vita TVなど。

 

契約で6つのアカウントが作れる

 

家族のうち1人が契約すると共有できるアカウントが6つまで作ることができます。

 

また、ペアレンタルロック機能があるので小さい子どもがいる家庭でも安心して視聴させることも可能です。

 

ペアレンタルロックとは「成人向け」や「15歳以上対象」などの指定になっている作品を暗証番号などを設定することで子どもが視聴できないようにする機能のことです。

 

配信しているタイトルは大人向けのタイトルが多いので「ペアレンタルロック」のような機能があると安心して子どもに利用させることができるでしょう。

 

通信容量を確認しながら視聴できる

 

スマホで視聴する際に気になるのが通信容量ですよね?

 

とくに外出先にWi-Fiに接続できない状況で視聴する際にはかなり気になってしまうものです。

 

Huluの良いところの1つとして、画質のレベルによって通信容量の目安を確認することができるため、気になる人には嬉しい機能が用意されているといってもいいでしょう。

 

通信容量の目安は以下のようになっています。

 

  • 最高画質=約1.8GB(1時間)
  • 高画質=約1.08GB(1時間)
  • 中画質=約0.63GB(1時間)
  • 低画質=約0.21GB(1時間)

 

通信状況によって若干の変動はありますが、スマホの通信容量が気になる方にとっては調整の目安になるといえます。

 

デメリット

アジア系作品に弱い

 

海外作品の中でもアジア系の作品の配信数は極端に少ないので、韓流好きや中国の作品が好きな人には大きなデメリットとなります。

 

中国ドラマ、台湾ドラマはほとんど無いし、韓国ドラマも30~40作品のみと少なめです。

 

代わりにアジア系以外は他の動画配信サービスよりもラインナップがしっかりしています。

 

日本語吹替えは人気作品だけ

 

日本で人気のある作品は日本語吹替え版を配信していますが、メジャーどころでない作品は字幕配信のみとなっています。

 

トータルすると字幕作品が多い印象が強いです。

 

「ウォーキングデッドシリーズ」や「ゲーム・オブ・スローンズ」など人気どころの作品は吹替えで配信されているので、人気作品を中心に視聴したい人は安心してもいいでしょう。

 

しかし、さらに追求して海外作品を視聴しようと考えている人は字幕で視聴することが基本となるので字幕が苦手な人にはあまり向いていないといえます。

 

Huluでは吹き替えと字幕は別の動画となり、U-NEXTやNetflixのように、動画再生中に音声切替えが出来ないのも、ちょっとしたデメリット。

 

動画をダウンロードできない

 

Huluではすべての動画をダウンロードすることができないので、電波がない場所だったりスマホの通信容量を使いたくない人にとってはデメリットとなります。

 

たとえば、外出先でWi-Fi環境がない場所で視聴するとスマホのモバイル通信で動画を視聴することになります。

 

スマホの通信容量が大規模容量で契約している人ならともかく、少ない人にとって外出先で視聴するのは通信容量が気になってしまうものです。

 

シーズン物の配信の具合が様々

 

シーズン物の作品の配信がまちまちで、途中観れなかったり月によって観れなかったりする。

 

海外ドラマは、月により配信シーズンが異なる物があります。

 

偶数月はシーズン1とシーズン3の配信、奇数月はシーズン2の配信みたいに、交互に配信している場合もあります。

 

また、ドラマによってはシーズン3からのみ配信とか、シーズン2だけ配信していない物もあります。

 

また映画のシリーズ物もターミネーター3だけとか、1は観れないのに2だけ配信とかもあります。

 

配信スケジュールの明記が無し

 

配信期限は結構前から把握できる作品もあるのですが、たまに急に観れなくなったり、非常にわかりづらいです。

 

また、一カ月しか配信されない映画も数多くあります。

 

基本的には配信期限が迫っている動画は視聴開始時に表示されるものもありますが、表示されない事もあります。

 

5.1ch、7.1chは未対応

 

Huluのオーディオは、サラウンドシステムに未対応。ステレオ音源までとなってます。

 

5.1chや、7.1chのサラウンドオーディオには対応してませんので、自宅でホームシアターを構築していても、臨場感の有る音声にはなりません。

 

Hulu利用者の口コミ・評判

>>Huluをみてみる

『動画配信サービス』Netflix

基本情報

値段

  • ベーシック:650円/月
  • スタンダード:950円/月
  • プレミアム:1,450円/月

 

  • 無料期間 31日間
  • 動画本数 10,000本

 

メリット

 

3つのプランから選べる

 

他のサービスみたいに「一択」ではなくて、Netflixでは用途に合わせて以下の3つの中から自由に選べます。

 

  • ベーシック…画質SD 同時視聴数1
  • スタンダード…画質HD 同時視聴数2
  • プレミアム…画質UHD(4kの事) 同時視聴数4

 

それぞれの違いは「画質」と「同時視聴数」だけです。
「SD」っていうのは480p、解像度で言う所の「720×480」なので、DVDと同じ画質と言う事です。

 

「HD」は720p、解像度で言うと「1280×720」なので、BDより劣るけどまぁまぁ画質は良いって感じです。

 

「UHD」は2160p、解像度で言うと「3840×2160」なので、BD画質よりも勝ります。

 

地デジとかよりも高画質です。

 

現状、最高画質と言っても良いです。

 

スマフォで視聴する分には「SD」で十分かもしれません。

 

パソコンで視聴する分には「HD」じゃないと満足出来ないかと思います。

 

「大画面のテレビ等で視聴したい!」って人は「UHD」だと更に満足出来ると思います。

 

オフラインでも利用可能

 

他のVODサービスと大きく差別化できる点の一つとして、Netflixは作品をダウンロードしてオフラインでも楽しむことができるということが挙げられます。

 

スマホやタブレットのアプリでNetflixを視聴する際、気になる作品をダウンロードしておけばインターネットに接続していない状況でもアプリ上でその作品を視聴できます。

 

wi-fiに接続しているときにダウンロードして、外での移動中や待ち時間にデータ通信量を気にせずに映画やドラマ、アニメを観る…ということもできてしまいます。

 

家族皆で楽しめる

 

Netflixのプランのうち、スタンダードプラン、プレミアムプランではひとつのアカウントから複数のデバイスで同時にコンテンツを視聴できます。

 

これは他のVODサービスには観られないメリットです。

 

リビングのテレビにNetflixを接続してお母さんと子どもたちが皆でファミリー向けの映画を観ている一方で、お父さんは自分の部屋で自分の好みのホラー映画を観る…という使い方もできてしまいます。

 

アカウントの「キッズ」の設定もあり、皆でストリーミング配信サービスを使うために家族でひとつのプランに加入する、という使い方に特化しているのがNetflixの特徴です。

 

レコメンデーション機能がめちゃくちゃ優秀

 

「レコメンデーション機能」というのは、通販サイトで言う所の「この商品を買った人はこの商品もおすすめ!」みたいな機能の事です。

 

Googleの検索エンジンみたいな感じで、もの凄い量の統計情報から、ロボットがユーザーが最も欲している情報(動画)を推薦してくれるのです。

 

これは他の動画配信サービスには無いかなり便利な機能です。

 

動画の75%が「レコメンデーション機能」にて薦められて視聴されているのとされています。4本中3本が「レコメンデーション機能」という多さです。

 

これだけでこの機能がどれだけ優れているか、という事が分かるかと思います。

 

海外系ドラマ・映画はかなり豊富

 

「海外版のTSUTAYA」だけあって、海外のドラマとか映画はめちゃくちゃ豊富です。

 

海外ドラマ好きの人にはたまらない名作・良作が何千作品も用意されています。

 

誰もが知る名作からマニアックな隠れた良作まで、どれだけ時間があっても観尽くせないほどの作品がいつでも並んでいます。

 

近年話題のマーベルコミック原作のドラマシリーズや人気ドラマの続編、人気映画のリブート版ドラマなど、名作・話題作の関連作品でNetflixでしか配信されていないものもあります。

 

それらの独占配信作が観られて、さらに他にも何千もの映画・ドラマをいつでも観られる。

 

海外系の動画を観たいならやはり海外系の動画配信サービスがオススメです。

 

多くの言語音声に対応、一部作品はダウンロード可能

 

全世界に進出しているだけあって、非常に多くの言語音声に対応しています。

 

殆どのものは「英語」「日本語」と対応していますし、めちゃくちゃメジャーな動画なら「中国語」「韓国語」「ドイツ語」「フランス語」とかも対応しています。

 

(ただ、かなり古い映画の場合は選べない事が多い)

 

また、一部の動画については、Windows10や、タブレット、スマホでのダウンロードも可能。

 

事前にダウンロードしておけば、通信環境が無い所でも視聴できるので便利です。

 

Netflixは質の高いオリジナル作品数が超豊富

 

Netflixは世界最大級の動画配信サービスって事で、その資金力を武器に遂に動画制作までしまくってます。

 

Netflixだけで視聴できるオリジナル作品が多数有り、その質も高い。

 

デメリット

 

日本のコンテンツは少なめ

 

2015年9月から日本に上陸しただけあって、日本の動画コンテンツはまだまだ貧弱です。

 

映画・ドラマ・バラエティ番組などの品揃えに物足りなさを感じるかもしれません。

 

ですが、「視聴のメインは海外ドラマや洋画で、邦画や日本のドラマはたまにしか観ない」という人には十分過ぎる作品数です。

 

今後、充実していくと思いますが、「日本の動画を中心に楽しみたい!」って人は「dTV」とか「U-NEXT」などの国内動画配信サービスの方が良いかもしれません。

 

配信作品数が少なめ

 

他のVODサービスには数万本もの作品を配信しているものも多い中で、日本のNetflixの配信作品数は今のところおよそ数千本と少なめです。

 

これからさらに充実していくと思われますし、オリジナルコンテンツの多さが魅力として挙げられますが、それよりもとにかくたくさんの作品の中から自由に選びたいという人には他のサービスの利用をおすすめします。

 

ドラマ・映画の最新作配信は遅め

 

アメリカのドラマについては、旧作の品ぞろえは豊富ですが、新作配信は遅め。

 

韓流・華流は、映画とドラマ合わせて約400本(2017年11月時点)あり、メジャーな過去作品は揃っていますが、新作は無し。

 

Netflix利用者の口コミ・評判

 

『動画配信サービス』U-NEXT

基本情報

 

  • 1,990円/月
  • 無料期間 31日間
  • 動画本数 100,000本以上(見放題は40,000本以上)

 

メリット

動画がダウンロードできる

 

アプリ限定の話になりますが、動画をスマホにダウンロードできます。

 

ダウンロードできることのメリットとしては、通信容量を気にしなくてよくなることです。

 

Wi-Fi環境での視聴なら通信容量を気にする必要はありませんが、外出先での視聴は気になってしまうものです。

 

最高画質で1時間も視聴すれば2GB近くの通信容量を使ってしまうので、契約している通信プランによっては、すぐに通信制限になってしまうでしょう。

 

外出前に自宅等のWi-Fi環境がある場所で、あらかじめ動画をダウンロードしておけばオフラインで視聴できることがU-NEXTの良いところです。

 

同時視聴可能数が4台と多い

 

「ファミリーアカウント」を追加する事で、同時に視聴する事が出来るデバイスの数が4台まで増やすことが出来ます。

 

あと、それぞれのアカウントに「ペアレンタルロック」という年齢制限の有る動画の視聴を禁止する機能もあるので、小さいお子さん用のアカウントなどを追加しても安心です。

 

アダルト動画が見放題

 

アダルト動画が見放題で視聴出来ます。

 

一部PPV方式の動画も有りますが、最新作とか以外は殆ど「見放題」です。

 

他の動画配信サービスで、アダルト動画が見放題なサービスは今のところ有りません。

 

有名雑誌が読み放題

 

「動画が見放題」というサービス以外にも、「有名雑誌約80誌が定額で読み放題」というサービスも付属しています。

 

配信しているジャンルの中でもファッション誌が一番多かったです。

 

配信している雑誌を実際に購入したときの金額と月額料金を比較すると「雑誌だけでもとが取れる」ラインナップになっていました。

 

最新映画・ドラマに素早く対応

 

最新映画やドラマの配信をいち早く開始するのも「U-NEXT」のメリットの1つです。

 

また、Blu-ray・DVDの販売・レンタルの開始より早く配信が始まる事もあるので、「あの最新作を見たくて仕方がない!」って人には堪りません。

 

毎月1000円分のPPVポイントが貰える

 

最新作などの「ポイントが掛かる動画」を購入する事出来る「PPVポイント」を、毎月1日に「1000円分」無料で貰う事が出来ます。

 

月額料金は1,990円ですが、この1000円分のPPVポイントが含まれているので、実質料金は990円/月とも言っても良いでしょう。

 

あと、このポイントは「映画チケットの割引」にも使用出来ます。映画を毎月観に行く人なら1000円分は余裕で使い切れるでしょう。

 

デメリット

月額料金が高い

 

月額料金が「1,990円/月」と、他の動画配信サービスと比較して結構高めです。

 

最大のデメリットは値段の高さと言ってもいいです。

 

月額1,990円という強気な設定で戸惑う人も多いかと思います。

 

ですが、それはサービスの質は間違いなく他社より優れているからです。

 

雑誌読み放題に加えて、成人向けコンテンツまで豊富に用意されているので個人的にはこの値段は妥当だと思いました。

 

海外の映画・ドラマが少なめ

 

元々日本の動画配信サービスなので、海外作品はちょっと少なめです。

 

海外ドラマを中心に見たいと考えているのであれば「Hulu」か「NETFLIX」を利用することをオススメします。

 

ただし、HuluやNETFLIXはアジア系の作品には弱いので、アジア系が見たい人は「U-NEXT」か「Amazonプライム・ビデオ」を選んだほうがいいです。

 

U-NEXTなら見放題対象の韓流・アジア系ドラマが450タイトル以上揃っています。(2017年9月時点)

 

U-NEXTに対応してないゲーム機が多い

 

ゲーム機でアプリをインストールすれば視聴できる配信サービスが多い中、U-NEXTは対応しているゲーム機が非常に少なく感じます。

 

対応しているゲーム機はPS4とVitaだけなのでPS3を使っている人やWiiを使っている人は残念ながらゲーム機で視聴することができません。

 

ゲーム機での利用を想定しているのは「Hulu」だけです。

 

一応、PS4で利用できるのでまったく利用できないわけではありませんがHuluと比べると劣る点になります。

 

見放題の対象は50,000本程度

 

120,000本以上配信中!となっていますが、間違えではありません。

 

確かに業界トップレベルの配信数を誇っていますが、見放題の対象になる作品はおおよそ50,000本ですのですべての配信タイトルが見放題ではありません。

 

40,000本以上の作品は有料制でポイントを利用しなければなりません。

 

もし、すべての作品が見放題になると勘違いしていた人は注意したほうがいいでしょう。

 

利用者の口コミ・評判

>>U-NEXTをみてみる

Hulu・ネットフリックス・U-NEXTどらがお得?三社を比較してみた!

Hulu

  • 海外ドラマの充実度がすごい
  • アニメ作品も最新~懐かしいものまであり
  • 日本テレビ番組を見逃した時におすすめ

 

ネットフリックス

  • クオリティーの高いオリジナル作品が豊富
  • 日本語吹き替え・字幕が充実
  • 一ヶ月の無料試用期間

 

U-NEXT

  • 圧倒的なタイトル数で最新作を早く楽しめる
  • 韓国ドラマが圧倒的
  • 国内・海外ドラマも豊富
  • 国内・海外映画も方法
  • 動画のダウンロード可能
  • 70誌以上の雑誌も読み放題

>>Huluをみてみる

>>U-NEXTをみてみる

『Hulu・ネットフリックス・U-NEXT』まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

各サイトによって、様々なメリットやデメリット、魅力がありました!

 

自分が興味のあるコンテンツによって加入する動画配信サービスも選ぶといいかと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

>>【即完了】タダで7000円!24時間その場で視聴<<

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です