魔女の法廷韓国ドラマ感想は面白い?口コミ評判の評価を検証してみた

魔女の法廷 韓国ドラマ 感想

韓国ドラマ『魔女の法廷』の感想は面白いのか、つまらないのか口コミ評判・評価をご紹介していきます!

 

韓国ドラマ『魔女の法廷』は、法廷推理捜査ドラマで、魔女みたいなエース検事マ・イドゥム(チョン・リョウォン) とイケメンの新米検事ヨ・ジヌク(ユン・ヒョンミン) が女性児童犯罪専門担当部で犬猿コンビになって捜査を繰り広げ、事件を解決していく過程を描いたものです。

 

『メリは外泊中』演出家דライジングスター”ユン・ヒョンミン× “ラブコメ・プリンセス”チョン・リョウォン主演の最強トリオが実現!

 

ツンデレ魔女検事と年下イケメン検事の“恋の事件簿”に胸キュン&スリルが止まらない!

 

韓国中にシンドロームを巻き起こした、2018年最高の新感覚リーガルプリンセスラブコメディ!

 

主演のユン・ヒョンミンは、撮影終了後、『このドラマのテーマは児童と女性を対象とした性犯罪の被害です。どこまで表現すべきかをかなり悩みました。実際に被害に遭われた方がこのドラマを観ることで事件を思い出させるのではという心配もありました。悩んだ末に出した答えは真剣に取り組んで演技することでした。それが正解なのではないかと……信念を持って向き合い役を掘り下げて演じました。』とインタビューに答えています。

 

続いてチョン・リョウォンもまた、『『魔女の法廷』を通じてシンプルな心をもつ人間になったと思う。性犯罪というテーマを描いたドラマに出演し、役者として、また女性として社会の問題意識とそれに対する社会の取るべき態度などについて考えるようになり、伝えたい話もできた』と感想を述べるなど、出演者も自ら深い社会問題を改めて考える機会になったそうです。

 

社会の深い闇の部分が題材とされた韓国ドラマ『魔女の法廷』の感想は面白いのか、つまらないのか口コミ評判・評価を知りたい方はお見逃しなく!

韓国ドラマ『魔女の法廷』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック!

 

エリ
まずは、韓国ドラマ『魔女の法定』のあらすじについての感想です。

 

あらすじの感想

 

ミーナ
国内で初めて女性児童性犯罪がブラウン管に映し出される。ドラマ『魔女の法廷』。冒頭で主演2人のこれらの犯罪に対する考え方をご紹介しましたが、視聴者からの反響もとても大きかったようです。
エリ
力型不正、連続殺人など目に見える強力な犯罪よりも、我々の周辺で日常にて対面する可能性のある犯罪、被害者により致命的な犯罪を扱う捜査ドラマなのでインパクトが大きかったでしょうね。

 

 

 

 

 

キャストの感想

 

エリ
チョン・リョウォンについては賛否両論色々感想が寄せられているようです。それほど、キャストみんながキャラが立ってると言うことでしょうか。

 

 

 

 

 

視聴率の感想

 

エリ
とても視聴率がよく、主演のユン・ヒョンミンもコメントをしていたそうですが、実際の視聴率の推移はどうだったのか見ていきましょう。

 

  • 第1話:6.6%
  • 第2話:9.5%
  • 第3話:9.1%
  • 第4話:12.3%
  • 第5話:10.2%
  • 第6話:11.0%
  • 第7話:7.6%
  • 第8話:9.3%
  • 第9話:10.1%
  • 第10話:11.4%
  • 第11話:105%
  • 第12話:11.9%
  • 第13話:10.9%
  • 第14話:12.6%
  • 第15話:1.9%
  • 第16話:14.3%

 

(視聴率調査会社のニールセン・コリア調べ)

 

主演のユン・ヒョンミンは高視聴率を記録したことについて以下のようにコメントしています。

 

毎回さまざまな事件が起きますが、これらはドラマのために作られたものではなくて、身近に起きている……もしかすると今も起きているかもしれない、社会で頻発している事件を扱っています。

 

だからこそ視聴者も一緒に憤りを感じ、僕らが解決する過程を応援してくれました。そこが共感を得たのだと思います。

 

引用:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2100625

 

 

 

 

 

最終回結末の感想

 

ミーナ
最終回の内容はとても納得のいくものだったとの声が圧倒的に多いです。それにしても最後の最後まで

 

 

 

 

 

つまらない・面白くない辛口な感想

 

エリ
キャストの部分もでご紹介したのですが、本作品への辛口な声の大半がチョン・リョウォンへのものなのですね。

 

 

 

 

 

面白い感想

 

 

 

 

 

>>無料動画で視聴する

韓国ドラマ『魔女の法廷』感想・評価まとめ

 

韓国ドラマ『魔女の法廷法廷』の感想は面白いのか、つまらないのか、口コミ評判の評価を含めた感想をご紹介してきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

韓国ドラマ『魔女の法廷』は出世街道の上を無限直進中に思いがけない事故に巻き込まれ強制Uターンさせられたエース毒蛇魔女堅持マ・イドゥム(チョン・リョウォン扮)と、医師のガウンの代わりに法服を選んだ新任検事ヨ・ジヌク(ユン・ヒョンミン扮)が女性児童犯罪専担部で宿敵コンビとして捜査を繰り広げ、酷い現実の犯罪事件を解決していく法廷推理捜査ドラマですy。

 

国内ドラマでははじめて『女性児童性犯罪事件』を集中的に照らし『女性児童犯罪専担部』を中心に実際の犯罪事件と接する多様なエピソードを通じてもどかしい現実のシステムと偏見に向かい痛快なストレート展開です。

 

キム・ヨンギュン監督は『権力型不正、連続殺人など目に見える強力な犯罪よりも、我々の周辺で日常にて対面する可能性のある犯罪、被害者により致命的な犯罪を扱う捜査ドラマになるだろう。とても刺激的にならないように扱おうと努力した。主人公が魅力的に演技中なので期待して見て欲しい。素材そのものは我々が慎重に接近せねばならないと考える。素材を扱うことそれだけでも似た経験をした方々には思い出したくない記憶に触れることになるだろうと慎重に接近した。マ・イドゥム、ヨ・ジヌクなどの人物がキャラクター性を持ってぶつかる面では愉快に描く予定』と、放送前にコメントしていましたよ。

 

まだ視聴されていない方には、是非一度ご覧になってもらいたい作品です。

>>無料動画で視聴する

 

>>【即完了】タダで7000円!24時間その場で視聴<<

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
The following two tabs change content below.
jittyann

jittyann

韓国の女性の美に憧れを持つ30代ミドルです。 その影響から韓国ドラマにもどっぷりはまっている今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です